2012年07月08日

【マルちゃんの案山子づくり】チーム国府津5丁目

梅雨空のもと、2回目の草取りからです。
稲とよく似た雑草があって、見分けるのが大変!
稲を抜いてしまったかも!!
午前中びっしり行うと、大分きれいになりました。

さて、今日は、昼食をとると案山子の作成です。
長短の竹を1本ずつと稲わらを2束配布され、作成開始です。
私たちのテーマは、「マルちゃん、田んぼの見張りをする!」、
ちびまる子ちゃんの作成です。
顔は新聞紙とガムテープをグルグル巻きにして古い肌着をかぶせ、
ブラウスを短い竹に通し、赤いマスラーを巻いてスカートにしました。
黄色いお絵かき帳をぶら下げ、帽子をのせ、
顔にギザキザの髪を書き、目と口はニッコリ!
ハハッ!恥ずかしながら、

maruchan
小さい子に“ちびまる子ちゃんだ!”と言ってもらってうれしかった。



最後に皆なの力作を田んぼに並べ、それぞれのテーマを発表しました。
サッカー選手・パパ・宮沢賢治…、どれもスゴイ!!
これで、ものすごい豊作間違いなし!!!
指導員の方々、準備・ご指導・励ましのことば、いつもありがとうございます。
posted by ゲンゴロウ at 11:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

稲とヒエの見分けがつかない〜懐かしい浴衣で「このかかし」が完成!

第2回草取り&案山子づくり レポート(お米大すきチーム)

2012年7月8日(日)

今日は楽しみな案山子作り!
朝方まで降っていた雨もやみ,午前中の草取りは曇り空で涼しく,絶好の草取り日和!
午後に陽が差した時にはとても蒸し暑かったので,本当に涼しくてよかった。これからの真夏の草取りは覚悟しなければ!!

さてさて座学で,草取りで一番見分けにくい「ヒエ」と「稲」の見分け方を教えて頂いた。
分かれ目のところに白いヒゲのようなものがついているのが「稲」とのこと。難しい〜!
120708tanimoto-01.jpg120708tanimoto-02.jpg
実際に田んぼに行って雑草を抜いて,3種類並べてみました。真ん中のは…一見ヒエに見えますが,上の方,葉っぱが分かれている…オモダカですよね。右がコナギ…。左はその場で教えて頂いたのですが,名前を忘れてしまった! ツンと真っ直ぐな茎(葉っぱ?)ですぐに雑草とわかります。これに難し〜い“ヒエ”をプラスした雑草が,前回とは比べものにならないくらいあってビックリ! 改めて雑草の力強さを実感…。

草取りは,ヒエの見分け方も大変だけど,大量の抜いた草を畦まで運ぶのが大変なのだということもわかりました。
@ まずは雑草を取って……,A とりあえず近くに置いておく……。
120708tanimoto-04.jpg     120708tanimoto-05.jpg

Bある程度集まったら,畦に近い方へ近い方へと運ぶ……。
120708tanimoto-06.jpg

C みんなで頑張ってこんなに雑草が! ここまで持ってくるのが結構大変なんですね!
120708tanimoto-07.jpg

休憩!! 途中で頂いた『梅ゼリー』おいしかった! ありがとうございます!!
120708tanimoto-03.jpg

私の近くで草取りしていたパパさんが,「ヤバイよー! 俺,稲とヒエが見分けられるようになっちゃってるよー」と言っていたのが聞こえ,「私もー!」と思わず心の中で笑ってしまいました!

さてさて,お昼ご飯の後は,いよいよお楽しみの案山子作り!
説明を聞いたあと,各チーム早速広場で作業開始!
それにしても…思っていたよりも難しい!!
「顔ってどうするんだろう!?」と,回りのチームを覗き見しながら,ワラでなんとなく丸くして,白い古着でかぶせて,なんとか顔らしいものができ,娘に顔を描いてもらいました。
「でもこの顔をどうやって十字の竹の棒の上につけるんだろう!?」とまたもや周りのチームを覗き見し,なんとか完成しました!
それにしてもみんな作業が早い! みな,楽しい案山子を次々に完成させて,田んぼへと運んで行きました。
畦の脇のやわらかめの土に竹をさして,あとはインストラクターの方に,頭をガンガン!とやってもらい固定。
一列に並んだみんなの案山子は,どれもとても個性的でとてもステキです!
私たち母娘のテーマは「このかかし」!
娘の名前の「このか」と「かかし」をつなげ,案山子には娘が小さい頃着た浴衣の古着を着せたものです。娘がとても嬉しそうにこの「このかかし」に抱きついていたのが印象的でした。
120708tanimoto-10kono.jpg120708tanimoto-09.jpg
120708tanimoto-08.jpg120708tanimoto-11.jpg
こんな案山子作りなんて,めったに体験できることではないですものね!
本当に,楽しく,貴重な経験をさせて頂きました。
豊作を祈るとともに……,これからこの案山子たち……どうなっていくかも楽しみです。
posted by ゲンゴロウ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元気に立ってて!かかしさん

■ 前田さんちチームより

7/8 第2回草取り・案山子作り レポート

家を出る時、小雨が降っていて暑いなか合羽を着て作業する事を覚悟しましたが、
どなたか強力な晴れ男さん・晴れ女さんがいらっしゃるようで今回も天候に恵まれ
ました。本当にテルテル坊主顔負けです。

稲も雑草もだいぶ伸びているようで、作業前のレクチャーでは稲の節には髭が生え
ている事を教わりました。前回、熊手のように土をかき混ぜて浮き上がった雑草は
そのままにしましたが、今回はしっかり抜いて田んぼから取り除かなければならな
いとの事です。
m2.jpg
田んぼに移動してみると、稲がしっかりと育っていて二週間の成長を実感しました。
よく見ると雑草の成長も著しく、場所によっては稲の間にびっしりと生えています。
m4.jpg
早速草取り開始、子供達も良く手伝ってくれて抜いた雑草を集めて服を泥だらけに
しながら、一生懸命畦道まで運んでくれました。
見る見るうちに雑草の山が出来上
がり、こんなに生えていたのかとビックリです。
m5.jpgm3.jpg

今回の休憩時間には梅ゼリーが配られ、爽やかな梅の香りと冷たいツルッとした
食感で気分もリフレッシュ、もうひと頑張りです。毎回何かしら用意をしてくれる
スタッフの方には大感謝です。ありがとうございます。

田んぼを引き上げ、昼食の後は案山子作りです。私のチームは直前までテーマが
纏まらず、とにかく持ってきた材料で『案山子』を作ることを目標に作業しますが、
人生初の案山子作りは戸惑うばかりで捗らず、周りの家で顔を作ってきたチームや
テーマのハッキリしているチームが次々と完成させて田んぼに向かう中、とうとう
最後になってしまい、なんとか間に合わせて空いている場所に立たせて貰いました。
ズラリと並んだ個性的な案山子たちが秋の実りまで稲を守ってくれるでしょう。
帰り道、車の中から緑の絨毯の遠くに一列に並ぶ案山子を見てなんだか嬉しくなって
しまいました。
m6.jpg
次回は第3回草取りと生き物観察会。どんな生き物たちに会えるか今から楽しみです。
子供達の夏休みの自由研究が、たんぼの学校のおかげで着々と進んでいるのも親とし
ては有難い限りです。翌日以降の筋肉痛を除いては…
posted by ゲンゴロウ at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

大変な作業も大人数でやると面白い!

■Uターン組
田植えの後の初めての草取りです。曇りで丁度よい草取り日和です。
但し、田んぼ経験者からは、草取りが一番大変とよく聞かされます。
草取りが5回予定されているのも、その作業の大変さを予感させます。

みのり館での説明後、田んぼに移動していよいよ草取りです。
一見、雑草など生えてなさそうな田んぼでしたが、良く見ると生えていました。
確かに雑草がしっかり目を出しています。雑草は、直接手で抜いたり、土をこねくりまわして、浮かび上がらせたりします。小さいうちに処理するのがよいそうです。
       稲sm.jpgP1010471sm.JPG

さて、今回ちびっ子達は、どういう行動をとるのか非常に興味がありました。かえる取りは前回経験済みなので、新たな対策を考えないと元気なちびっ子達は30分持ちません。
しかし、世の中には、奇特な方がやはりおられます。虫取り網で、水路のヤゴやしじみをとって、ちびっ子達の相手をしてくれる方が現れたのです。大変ありがたかったです。 
        ヤゴsm.jpg おたま.jpg

インストラクター手作りの梅ジュースも大好評で、順番待ちの行列ができていました。
            梅試飲sm.jpg

大人数で何かをすると、必ず予想外の良い事が起こります。これも共同作業の楽しみのひとつです。
一通り、手作業での草取りが終わったら、雑草の発芽を抑えるため、仕上げに米ぬかを撒いて終了です。
こう考えると稲というのは、全てが役立つすばらしい食物です。
何とか、1回目の草取りも無事終了しました。
       米ぬかsm.jpg米ぬか散布後sm.jpg

大人数で、わいわい、がやがや作業をすると大変な作業も苦痛にならないものです。
次回も草取りも、またがんばりましょう。
後4回あります。
     

続きを読む
posted by ゲンゴロウ at 13:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

かなでちゃんもお気に入り〜糠まきと梅ジュース

6/17 草取りレポート(かなでちゃんチームより)

数日前から予報は雨。カッパを着ながらの草取りかなと思いきや・・・
曇り時折日差しまでありました。どなたか強力な晴れ男さん晴れ女さんがおられるのでしょうか。
ありがたいです!
DSCF1522.jpg
教室でのレクチャーで、田んぼに生える雑草にもいろいろな種類があることを知りました。
勉強になります。

レクチャーの後は皆で田んぼへ移動。
前回植えた稲はしっかり根付いている様子で嬉しいです!
田んぼへ入り、ひょろっとした雑草(稗?粟?)を抜きつつ、
手を熊手のようにしてしゃかしゃか・・・
するとブロッコリースプラウトよりももっと小さな草がゆらゆら浮いてきました。
(昔読んだ「夏子の酒」で、夏子さんはデッキブラシで雑草取りをしていました。その時は「デッキブラシで?」と思ったものですが、このような小さい草を
とっていたのでしょうか。なるほど!です。)
田んぼにはカエルやおたまじゃくし、ヤゴもいて、小さい子供達は大喜び。
うちの娘も興味津々でした。
120617_11374ta.jpg
何回かの休憩をはさみつつ今回の草取りは終了。
最後に雑草は生えにくくなるよう、ぬかをまきました。
田んぼがちょっと苦手な娘も、これには「やるやる!」と喜んでまいていました。
120617_11350ta.jpg

120617_113941ta.jpg
さて、休憩時間にいただいた梅ジュースの美味しかったこと!
爽やかな酸味がこれからの季節にぴったり〜〜というわけで、
我が家は帰りに朝ドレに寄り、青梅(白加賀だったかな?シロップに適するという種類でした。)と氷砂糖を購入。
しかし帰宅してからビンがないことに気づき夫が買いに走り・・・
なんとかビンに入れ終わった瞬間から、娘は「もうできた?もうできた?」と期待の声。
3週間後が楽しみです。
120628_183631ta.jpg


posted by ゲンゴロウ at 11:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

待ちに待った田植え

6月3日(日)9時30分〜13時
お天気 小雨のち晴れ
田植え作業


皆さんから寄せられた田植えの体験レポートを紹介します

@「テントウムシ」さんからのレポートです

2012田植え風景

来る途中、時折の小雨模様の天気でしたが、みのり館につく頃には雨はあがりました。
まず、田植えの説明を紙芝居で体積と広さの関係をききました。
2012田植え風景
次に、待ちに待った田んぼへ移動です。
14家族(10家族はこどもと)がA.B.Cの3班にわかれました。

2012田植え風景

各班は小田原式の等間隔に植える目盛のついた板を使い,ひとりが4本めどで縦に植えていきました。
縦と横を見ながら、息をそろえてうえていきましたが、田んぼの中であしをとられて、水の中の土の量に
でこぼこがあり、苗が沈んでしまうなど、なるべく均一にするのがたいへんでした。曲線を描きながら、
味が出すぎる田植えでした。
最後に板をみんなで水洗いし終了です。
事務局と指導員の方々にお礼を申し上げます。次回もよろしくお願いします。
各自みどり館にもどり昼食後、解散しました。


A「CHAHAYA」さんからのレポートです

本日は、たんぼの学校の田植えの日。
前日からやる気満々だったのですが、当日はまさかの体調不良で、朝からかなりの頭痛と少し吐き気が。
普段、あまり体調が悪くなることはないんですが…。
今思えば、頭痛薬を飲んでいけばよかったと思ったのですが、普段、なるべく薬を飲まないようにしているので、その時は思いつかず。
という訳で体調が悪かったのですが、人生初の田植えをどうしてもやりたかったので、参加しました。
本当に、この人生35歳にして初めて田んぼに入りました。
お米は、ほとんど毎日食べてきたというのにね。

DSCF1507.jpg

専用の長靴を履いていたものの、足がずぼっと沈んで歩けない!
しばらくすると、少し慣れてきて歩けるようになりましたが、田んぼの中を歩くのがこんなに大変だとは。
田植えももちろん人生で初めてで、稲の苗は初めて扱いましたが、植えていく作業は野菜作りで多少慣れていることもあり、これから根付くのを想像しつつ、ちゃっちゃと植えていくことができました。
しかし、やはり途中でかなり吐き気をもようしてきたのと、
体調に気を取られ、あまり心をこめて植えられていない自分に気づき、
途中離脱してしまいました。
コメ作りの最初のメインイベントである、田植え、最後までやりたかったあ。
同じチームの皆様、あまり戦力になれずごめんなさい。
でも、手植えという貴重な体験をさせて頂いてありがとうございました。

2012田植え風景


Bおこめのねっこさんからのレポートです


前日から雨の予報、家族分の雨ガッパをリュックに詰めて…だけど晴れてくれてラッキーでした。

田植え用先割れ長靴は街では入手困難と聞き、うちは裸足でやるか〜と言ってたのですが、横浜のワークマンでギリギリ在庫を確保。皆さんもバッチリ準備はされていたようですね。

7才の息子は長靴なしで、「田んぼってあったか〜い!」と大興奮。田植えよりカエル探しがメインでしたが、「一匹ゲット!カエルいるヒト〜!」と他のお子さんたちと声かけあったりして楽しそうでした。緑、茶、白、色んなカラーのカエルがいて、その背の縞が美しいこと!

3才の娘は泥を練ったりズボズボ歩き回ったり、すっかり泥人間でしたが、親が田植えに夢中のうちにお尻丸出し!用水路でキャッキャと水遊びをしていたのでした。水着の方がよかったなと思いました。

2012田植え風景

さて植える方はというと、定規に添って稲を数本ずつ泥に植えながら後退するのですが、泥から脚を引き抜くのが思いの外大変で、もれなく翌日太ももの筋肉痛に。
DSCF1514.jpg

プロの方の田んぼは、土が均一にならされ、水が偏りなく張るそうですね。わが初級コースの田んぼは、足跡凹凸…隣のプロの田んぼと見比べると、しっとりきれいに焼けたお店のケーキと中学生の頃初めて作ったケーキを思い描いてしまい笑えました。でも皆で手作業頑張ったなあととても満足でした。

何千年も昔の人もこうして、世間話しながらわいわい作業していたのか、黙々と作業していたのか、脚が痛いと言っていたのか。考えてみれば同じ体験をできるなんて、すばらしいですね。

 
posted by ゲンゴロウ at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

色々な学校の秋の実り

日にち:11月13日(日)
報告:タカハシファミリー
活動内容:収穫祭!!

収穫祭前にさつまいも堀り体験を申し込んでいたので、
この日はさつま芋掘りからスタート。

さつまいも畑は想像以上に畑の土が固く重労働で
優しく掘らないと途中で折れてしまう為に
まず、芋から離れた所をシャベルで土をほぐしてから芋を抜きました。

沢山の量を収穫でき、楽しかったです。

収穫祭準備ではいつものメンバーで楽しくおにぎりを握りました。

大人より子供たちが活躍してくれました。

合同収穫祭では畑の学校(初級)の塩にぎりを初め、
各学校で料理がみのり館の広場に並びました。

田んぼの学校だけで集まるより色々な学校の秋の実りを感じられて良かったです。
どれも美味しく頂けました。

お昼の後はじゃんけん大会などなど、スタッフの方が色々考えて下さっていたので
皆で盛り上がりました。



次回の修了式、自分たちが世話をした新米を分けて頂けるので楽しみです。






posted by ゲンゴロウ at 14:13| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味は保障します!!

日にち:11月13日(日)
報告:トリケラトプスチーム
活動内容:収穫祭!!

image002.jpgいよいよ待ちに待った収穫祭!というか、ただ食べたいだけ?
あっという間におにぎりが握られていきました
形は保障しませんが、味は保障します!!




image003.jpg息子たちも大満足です!

畑の学校から、トン汁、
ハーブの学校からハーブティ、ケーキなどと・・
お天気にも恵まれてとてもいい1日でした。
posted by ゲンゴロウ at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

自然の恵みに感謝♪

日にち:11月13日(日)
報告:ティラノザウルスチーム
活動内容:収穫祭!!

CA3I0092.JPG2011年11月13日 晴れ 22℃ 富士山は朝だけ見えました。
七合目あたりまで雪が積もっており、冬が近づいてきているのが解かります。
今日は、たんぼの学校、はたけの学校、ハーブの学校の合同での収穫祭です。
自分たちで作ったお米が、炊飯器にて炊かれたお米の姿を見るのは、初めてです。
炊飯器から出てくるお米は、香りもよく、ツヤもよく、ふっくらでした。
多少ヒイキ目なのかな・・?

CA3I0093.JPG炊かれたお米に塩をまぜラップを使って子供たちによるおにぎり作り大会。
ますます美味しそうな姿に変身です。

12時過ぎから収穫祭がスタート。豚汁やカブの葉のおひたし、



CA3I0112.JPG黒米おにぎり、白米おにぎり ごちそうですね!!
お外で食べるご飯は、さらに格別です。

食後の、ハーブティーやハーブケーキが素敵な香りを漂わせながら、
さらに食べる事を楽しませてくれました。
自然の恵みに感謝です。ゲームも楽しかったです。
心もお腹も満たされた1日でした。

posted by ゲンゴロウ at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貫禄のマシンです!

日にち:2011年10月23日 (日) 
報告:ザ★一升炊きチーム
作業:脱穀体験+焚き火で焼き芋

家を出発しよう、と思ったら雨で心配しましたが、
脱穀体験をしているうちにどんどんいい天気になりました。
1.jpg早速、足踏み式脱穀機の雄姿を覧ください。
至る所から、なが〜い歴史を感じ取れる貫禄のマシンです!
使い方は次のとおりです。
1)脱穀機の足元の板(写真では裏側なので見えません。残念)を踏み込む
2)トゲトゲの付いたドラム型部分がブンブン回る
3)トゲトゲに稲をかざすようにすると、稲穂から籾が取れる
1)のタイミングを誤ると、ブンブンが逆回転になり、大変なことに......なると思い
ます、多分。
このタイミングを合わせるのが一番難しかったです。

2.jpg脱穀を皆で順番に体験した後、子ども+女性陣はお待ちかねの“焚き火で焼き芋”に夢
中でした。
そしてご覧のとおり、脱穀の残りは男性陣が黙々と、そしてキチッとやり遂げてくれま
した。
感謝です!


3.jpg脱穀後の籾の中には、稲の茎部分も結構混じっている状態だったので、これを取り除く
のが一苦労。
なんとフルイが届くまでは地道に手作業でした。
そしてフルイが届いた時は、フルイが輝いて見えました〜。
道具ってスバラシイ!!

今回の体験脱穀分と、事前に脱穀していただいた分は一部、収穫祭で食べられます。多
分。
みなさん、お腹を空かせて参加しましょう!
ちなみに、焼き芋はどんな形・大きさでもい〜い感じに焼き上がっていました。
我が家のチビは、食べている途中にポトリと地べたに落とした芋も、ちゃっちゃと砂粒
を手で払って完食していました。

それでは、次回の収穫祭を楽しみに!
posted by ゲンゴロウ at 13:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。