2012年10月29日

マンションで脱穀・籾摺り・精米ができるのだ

■国府津5丁目さんからのレポートです

                 まるちゃん五丁目.JPG

今日はミレーの「落穂拾い」。
前回の脱穀の時に、たんぼに稲穂が落ちているのが気になっていたが忙しくて拾っている暇がなかった。
10月21日(日)事務局に事前に連絡しておいて落穂拾いに行き我家の米櫃に入れることを計画、実行した。

たんぼに着くと、まだカモメは育っていなかったがメカブは育っていた。
株の刈り後から新しい芽が出てメカブ状態、早く稲刈りを終えていた隣のたんぼでは既に二番穂が出ていた。
この二番穂の米は食べられるのだろうか、見た目は立派な米だ。

        121020_153645tni.jpg

ただで米が手に入るぞ、冬前に収穫に来よう。
何しろ、たんぼの学校の最初の自己紹介カードで書いた通り好きな言葉は「ただ」だから。

話は逸れるが、前回レポートで鎌を使うのは幼少の頃のカモ刈り以来と書いたがあれは創作物語です。

今年の2月に伊豆の磯に行き、ためしに竿の先に鎌をガムテープで巻き付けて海中のワカメを刈り取ったことがあった。株元には立派なメカブがあって、ヌルヌルがおいしかった。
もっと最近では夏前に、畑のスイカに敷く稲藁がなくて御殿場線の線路わきのススキを刈ったり、稲刈りの前日にはサツマイモを収穫して蔓の処理に鎌を使ったりと(鎌のエピソードがいろいろあって)話を面白くするためにアチコチにフィクションを散りばめているので気を付けてね。

この前に書いたような方法では、絶対にカモは獲れません。

12−5−31スイカtni.jpg  スイカtni.jpg



たんぼに入って約1時間、かなりの量の落穂が拾えた。

       121021_123739tni.jpg

さあ〜て次は脱穀だが、どうしてやろう。
脱穀機はないから、人間千歯扱きをやるしかないか。
左手で稲穂の軸を持ち、右手の親指と人差し指でモミの部分を挟んでグイッと引っ張ると、お〜取れた。

次から次へと取れるが、落穂の量が半端なく多い。
      
       121021_135801tni.jpg

結局1時間以上かかって脱穀できたのがもみ殻付きで650g、
精米すれば450g位で約3合程度か。
お米が500円/Kgとすれば、225円分ゲット。
すでに2時間費やして、更にこの後難題の籾摺りと精米が待っているのだから、採算には合わないなあ〜。

完全に趣味の世界、大人の休日倶楽部だ。

確保したモミには、落穂なので土が付いているので洗って何日か乾燥させよう。

その間に籾摺りと精米方法の勉強だ、インターネットで検索「籾摺り手作業」。

出たあ〜。

エッ、一升瓶に入れて棒で突くのは籾摺りでなくて精米なの。
じゃあ籾摺りはどうするのさ・・・・。

一番良いのは、すり鉢とソフトボールを用意。
すり鉢はあるけれど、ソフトボールは引越しの時に捨ててきたさあ。
どうか100均で売っていますように、お願い。
願い空しく、結局ホームセンターで金490円也。
あ〜、「ただ」が逃げて行ったあ〜。

         121025_191821tni.jpg

仕方がない、今回は完全に趣味の世界・大人の休日倶楽部だ。
マンションで脱穀・籾摺り・精米ができるのだから貴重な体験だ。
たんぼの学校に行って良かった。
電気と石油がなくなっても、白米が確保できる。

モミを1週間乾燥させて、来週は籾摺り・精米だ。我家の本炭釜炊飯器が蓋を開けて待っているぞ。

       121025_tni.jpg
posted by ゲンゴロウ at 13:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。