2012年10月10日

気分はカモメのジョナサン

■国府津5丁目さんからのレポートです。

初級のたんぼも遂に収穫の時を迎えました。
6月3日の田植えから128日、4か月強で育ったのだから早い。
今年から、ファミリー農園で畑もやっているが、スイカなんか苗を植えてから3
か月で収穫できたので、野菜って本当に早い。

当初は7日(日)の予定だったのが、当日朝はあいにくの雨。難しいかなと思っ
ていたら、7時に8日(月)に延期のメールが着信。
かなり期待していたので、7日の予定がポッカリと空いてしまって、さあ〜困った。

当日は9時半からみのり館で少々の座学から始まりましたが、頭の中は早く稲刈
りをしたいで一杯で内容は記憶にないので省略。スミマセン、インストラクター。

たんぼに移動すると、隣りの中級か上級のたんぼはバインダーで稲刈り中、向こ
うのプロのたんぼではコンバインで稲刈り。どちらも早いわ、クボタかイセキ
か?

     121008tng.JPG

初級の稲刈りは手刈りの天日干しと言うことなので、頑張るぞ。
機械に負けず、より早く・よりたくさん刈ってやる。

気分はカモメのジョナサン(古いから、知らない方はインターネットで調べてね)

たんぼでは最初稲わらによる稲束の結わえ方の講習がありましたが、少し自信がないので麻ひもを選択した。

鎌を持つのは、いつ以来だろう?故郷にいた幼少の頃、
冬の夜氷が張るような寒い日が来ると翌朝みんなで鎌を持って田んぼに行くと、
カモが足元が凍ってしまって飛べなくなっているのを捕まえて足を鎌で刈って、鴨鍋にしたあの時以来だ。
春になって暖かくなると、刈ったカモの足から芽が出てきてカモメになって飛んで行くの。

だからカモメの親はカモなの。

たんぼに入って、麻ひもを置いて、右手に鎌を持って、
さあ刈るぞ、ザク・ザク・ザク・ザク4株刈ってひもの上に置いて、
またザク・ザク・ザク・ザク4株刈る。
早いぞ、できるじゃないか俺。

      121008-1037tng.JPG

8株を麻ひもを2回巻いて縛る。お〜っと、軍手をしているので縛りにくい。刈
り取りよりもずっと時間が掛かるじゃないか。仕方がない、続けよう。

ザク・ザク・ザク・ザク + ザク・ザク・ザク・ザク。刈り取りは機械に負けな
いだろう。問題は縛りだ、何か良い方法はないか???
そうだ、2回巻きを止めて一回にしよう。カイゼンだ。しかし最後の縛りは時間
が掛かるなあ〜。
         SN3F0139.jpg

途中休憩を挟んで昼食休憩まで6割ぐらい刈ったぞ、早いじゃないか。
と顔を上げて他所の班を見ると、なんとC班、対岸に達しているじゃないか。

早い。

メンバーに久保田さんか井関さんがいるのか?こせきさんは居たようだが。

弁当は、こちらの収穫よりも一足早く田舎から送ってきた新米のご飯、炊飯器は某メーカーの最高級本炭釜。炊き上がりは米が立ってピカピカ、口に入れても米がまだ立って新米の感触、噛めば甘味が染み出てくる。
米は新米が一番だね。

自分たちで作った米は何倍もおいしくなりそうで、今から楽しみ。

昼食中も縛る時間の短縮を考えていたので、寡黙になってしまった。
すまない女房よ。
でも考え付いたぞ。
8株で縛るからトータルで時間が掛かるんだ、
10株縛れば25%時間が短縮できるじゃないか。

食事をしている場合じゃない、たんぼへ行こう。

さあ始めるぞ。
ザク・ザク・ザク・ザク・ザク(一回追加) + ザク・ザク・ザク・ザク・ザク(一回追加)、
合計10株。

片手で5株掴むと稲が手から漏れて倒れそうになるのを、5株目を刈った鎌を素早く返して倒れそうになるイネを支える。

燕返しの佐々木小次郎気分だ。

いいぞ俺。

後は縛ればいいんだ。

121008_102129tng.jpg

ところがどっこい、10株になると紐が短い。縛り代が少ししかないので、余計
に縛りにくくなって時間が掛かるじゃないか。

挫折・・・・。
長くなってきたので、もう止めよう。

SN3F0144.jpg

干し竿を作って刈った稲をかけて、はざがけ完了。
天日に干して来週は脱穀。
早く来い来週。

雨降るな。

以上

posted by ゲンゴロウ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。