2010年06月28日

田植えに参加

日時:2010年6月13日
報告:OKB164

夫婦と小3娘、小1息子+香港からのゲストで参加しました。
始める前は 子供は途中で飽きるだろうと思い 交代で子守りをするつもりでした。
そんな親の心配をよそに、説明を聞いた後二人は目を輝かせて先を競うように田んぼに入って行きました。
それでも残念なことに 端しか入れる場所が無く定規はありませんでした。
6月13日 初級1.jpg猪俣お姉さんに軽く「感覚で植えて下さい〜(^_^)」と言われましたが
子供+ゲストを抱えた初体験のわれわれにそんなことが出来るのだろうか?と愕然としました。
しかし子供達はやる気満々でかまわず適当に植えていきます。
「そこじゃない!」 「ちゃんと見て!」と 子供達が植えた苗が気になって 自分たちが植えるどころではありませんでした。
暫くして、猪俣お姉さんが「これでやってみてください。」と紐を持ってきてくれました。
そこからは息を合わせて声を掛けながら隣の定規チームに負けないように楽しくやれました。

6月13日 初級2.jpg子供達も凄く楽しかったようで最後まで一緒にやりきりました。
普段は服を汚すと怒られるのにこの日ばかりはその心配が無く
下の子は思いっきり泥んこになっていました。「3回転んだのが楽しかった。」そうです。
上の子は「早く終わらせて蛙を捕まえたーい!。」と張り切っていました。
夫はゲストに長靴を貸し 靴下で入ったことで泥を直に感じれて気持ち良かった・・・と言っています。
私は高校の時に一度やった田植えを思い出し、懐かしかったです。
普段食べるお米をどうやって作るか、その大変さを家族で体験することが出来て本当に良かったです。
一生懸命やりましたが終わって振り返ると苗の列がかなり蛇行していたのでちゃんと育つか不安です。
でもゲストに「発育状況をメールで知らせる」と約束をしたので ちゃんと大きくなるように
心を込めてお世話していきたいです。
posted by ゲンゴロウ at 11:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

土に癒されてストレス発散している自分に気付きました

2010年6月13日(日)
報告:浜前のおさわがせ一家

6才、4才の子供3名と保護者2名で参加しております。
楽しみに待っていた田んぼの学校の初日でした。
お天気にも恵まれ、親も子供も体調良好で望みました。

生まれてこの方、ん十年、泥というものに足を踏み入れた経験がまったく無く、まずはドキドキわくわくしながら泥の中にさあ、入るぞ!と意気込みながらもためらう親をよそに川や海で遊ぶのが大好きな6歳の長男は勝手にさっさとIN、泥を楽しむというよりカエル獲りや何か生き物を見つけるのに夢中でした。

どちらかというとお部屋遊びの好きな4歳の双子の娘達は田んぼを見ただけで早くも「無理ィ〜」とばかりに見学席に収まってしまいました。今回は子供に普段できないような田植えや泥の中での経験をしてもらいたいと親が勝手に思って参加したのですが、子供たちの反応にちょっとがっかりした感じでした。

しかし、後には引けないので、気をとりなおして田んぼに入り、稲の苗を植えはじめました。最初は腰がつらい、最後までいけるかな。。。と弱気になり帰りたくなりましたが、しかし、植えていくうちに、なんだか、なぜだか楽しくなってきて、土に癒されてストレス発散している自分に気付きました。同じ班でご一緒させていただいたご夫婦のご活躍もあり、はっと気が付いたら我が班がトップ、他の班よりもすごい早いスピードで進んでいるではありませんか!!
私達夫婦の新たな才能を感じ、もう、こうなってきたら田植えに参加の意思のない子供達は放っておいて親が楽しむしかありませんとばかりに無言で稲を植えまくりました。
そしたら、他の班よりもかなり早く終わってしまい、まだまだ稲を植えまくることに血走っていた私達は余っていた向こう側の場所にまで稲を植え、2ラウンドをこなしてしまいました。

一仕事を終え、土に、自然に癒された心地よさを久しぶりに堪能しました。
子供たちはというと、長男はカエルを追いかけ魚を追いかけ、適当に楽しんだようですが、娘達はというと、猪股さんのお姉さんに遊んでもらってこれまた適当に楽しんでいたようです。最後には長男に拾ってもらった田んぼの中の貝みたいな生き物を家に持って帰るといってきかずにぐずり、やはり我が家のイベントの締めくくりはいつでもだれかがぐずってジエンドなんだな、、と思いました。

しかし、田植えに夢中になるあまりまったく写真を撮るのを忘れているのに後で気付いたときはちょっとショックでした。次回は夢中になりすぎないで思い出の写真を撮ろうと思います。
posted by ゲンゴロウ at 15:10| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

定規を使用し、何とか曲がらず?できたかな

2010年6月13日(日)
報告:TMグループ

たんぼの学校 初級コースに夫と2人で参加させていただきました。
お天気も、薄日で風もあり、田植えびよりでした。
なにせ、初めてのことでどのように植えるか、インストラクターの山本さんの説明で解りました。

ご家族連れの参加が多く、小さなお子さんを連れての田植え、感心の一言です。
たんぼの中に入ると、思いのほかずずっと足を取られ、移動がたいへんでした。こけてたんぼの中になんて想像したら大の大人が・・・・

苗を土にどのくらい量を植える込むかが少しバラららになってしまったかな?

定規を使用し、何とか曲がらず?できたかな。

次回は草取り、どのくらい伸びているでしょうか。また、植えた苗はきちんと根を張ったか心配です。

次回も楽しみに参加したいと思います。他の家族の方との交流もできたらと思います。
posted by ゲンゴロウ at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

2010年6月13日 田植えに参加

2010年6月13日(日)
報告:ゴールデンチャイルド

6歳の息子と3人で参加しました。前日が運動会だったこともあり、ちょっと疲れていたのですが、主人と息子は初めての体験だったこともあり、張り切って田んぼに入りました。

田んぼの長靴も買い、スムーズに田んぼの中を歩けると思ったのは、おおきな間違いでした。1歩がこんなに大変とは・・・。

植えるというより、いかに転ばずに歩けるかというに必死でした。
インストラクターの先生のご指導のおかげで無事終わったときは、私の頭の中ではすでに、お茶碗の中のふっくらご飯を想像してました。
秋の収穫祭が楽しみです。初のお米はTKGにしようかな?

でもその前に草取りが・・・・・。
おいしいご飯のために頑張ります。
posted by ゲンゴロウ at 11:03| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。